イオン銀行カードローンって実際どう?口コミからわかる審査・利便性は?

専業主婦でも申し込めるイオン銀行のカードローンは上限金利が低く設定されており、少額の借入れを希望する方におすすめです。利用者からの口コミからも利便性の良さが評価されています。イオン銀行口座がなくても利用可、提携ATMも豊富に用意されているなど、利用者目線の使いやすさが魅力です。
  • 2022年4月12日
  • 2022年8月8日
イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、銀行系カードローンならではの低金利が魅力です。

来店不要でWEB完結でき、イオン銀行の口座を持っていなくても利用できる利便性から、検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで、利用者からの口コミを参考に、イオン銀行カードローンについてまとめました。

審査を中心に申し込み方法や借入・返済の流れについても解説するので参考にしてください。

当サイトのランキングは独自で調査した審査時間や金利、カードローン公式サイトの情報を基に、専門家の監修を得て総合的に判断し作成しています。

※本記事の価格は全て税込みです。

おすすめのカードローン比較表
カードローンプロミス三井住友カード
カードローン
SMBCモビット楽天銀行スーパーローン
プロミス三井住友カードカードローンSMBCモビット楽天銀行スーパーローンロゴ
実質年利4.5~17.8%1.5%~15.0%3.0%~18.0%1.9%~14.5%
審査時間最短30分最短5分※110秒簡易審査最短翌営業日
借入限度額500万円最大900万円800万円800万円
無利息期間あり
初回ご利用日翌日から30日間
なしなしなし
WEB完結
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※1最短5分発行 受付時間:9:00〜19:30
  最短5分発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります
矢印
この記事の執筆者
松崎観月
松崎観月
保有資格

大学卒業後、金融機関にて個人営業を担当。資産運用の相談・保険販売などを経験する。退社後CFP認定を取得し、フリーのFPライターとして活動を行う。

イオン銀行カードローンの特徴・基礎知識

イオン銀行カードローン

イオン銀行
金利3.8〜13.8%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額800万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入可能
学生の借入不可
専業主婦の借入可能(配偶者に安定かつ継続した収入がある場合)
営業時間店頭窓口10:00~21:00
または9:00~21:00
WEB24時間営業
電話9:00〜18:00
年中無休
0120-48-1258
自動契約機なし

イオン銀行カードローンは、10~800万円の限度額の範囲内で何度でも借入できるカードローンです。

年3.9~13.8%と銀行系カードローンならではの低金利で、安心して利用できます。

利用明細が郵送されないため、カードローンの利用を家族に知られたくない方も利用しやすいでしょう。

全国のイオン銀行ATMはもちろん、コンビニや提携金融機関のATMで手数料0円で借入れできます(一部ATMは所定の手数料要)。

イオン銀行カードローンの口コミ評価

イオン銀行カードローンを実際に利用している方から口コミを集めました。

イオン銀行カードローンの口コミ・評判について紹介します。

GOOD
男性/40代/会社員
借入額20万円

イオンのお店が近所にあるので、イオン銀行ATMが設置してあることで手軽にお金を借りることができました。返済もイオン銀行ATMから返済することができました。

VERY GOOD
男性/20代/会社員
借入額10万円

イオンなどでの買い物の際に、ちょっと手持ちがなかったときなどに利用させてもらいました。審査は時間がかかりますが、口座不要であったり返済もATM無料など、扱いやすさは十分にあると思います。

VERY GOOD
男性/40代/会社員
借入額50万円

申し込みから審査準備までが非常に早く、30分も経過しないうちに手続きが開始されました。電話口で簡単な質疑応答をいくつかされたのですが、口調も丁寧で安心して進められたと思います。返済日をいくつかのタイミングで選ぶことができたので、自身の給料日のタイミングと合わせられたのが良かったです。

VERY GOOD
女性/20代/会社員
借入額15万円

友人と旅行に行くことになったのですが、あいにく貯金が少なかったために旅費を確保することが出来ませんでした。結構な額にもなるので、友人に立て替えてもらうわけにもいかず、ただ、旅行の機会は逃したくないという想いもあり、銀行の口座を持っていたこちらのカードローンを利用することにしました。少額だったので収入証明書も必要なかったので、とても手続きが楽でしたね。コンビニのATMでも返済できるのが便利でありがたかったです。

NORMAL
男性/30代/会社員
借入額40万円

借り入れるまでの感想は審査の簡単さに関してはほかのカードローン会社とそれほど変わりはないと感じます。使い道に関しては突発出費(ケガ病気)などの補填に利用いたしました。返済方法に関しては事前に説明があった金利で納得しております。毎月の定額返済に関しても特段問題があることがなかったので自由に利用できて良いと感じています。

VERY GOOD
男性/40代/会社員
借入額15万円

利用目的は買い物をするのに作りました。スマホで簡単で免許証など本人確認できるものをアップロードして送りましたが審査結果はメールで届いてカードが来るまで約5日位かかりましたが早くてよかったです。返済も近くにイオンがありますのでそちらのATMで返済できるのも良かったです。

GOOD
男性/20代/会社員
借入額30万円

イオンのクレジットカード・銀行口座も保有しているので手軽に借り入れをすることができましたし、多少金利は高かったですが返済に向けた計画も立てていたので必要なお金が入手できて良かったです。使い道は浪費です。オススメの方法ではありませんが、突然まとまったお金が必要になった場合などには便利だとは思いました。

GOOD
男性/40代/会社員
借入額50万円

申し込みから審査準備までが非常に早く、30分も経過しないうちに手続きが開始されました。電話口で簡単な質疑応答をいくつかされたのですが、口調も丁寧で安心して進められたと思います。返済日をいくつかのタイミングで選ぶことができたので、自身の給料日のタイミングと合わせられたのが良かったです。

GOOD
女性/50代/パート・アルバイト
借入額10万円

マンションローン返済の日に10万円ほど足りず、来月私のパート代が入ればすぐに返済できそうな金額なので借りました。金額や返済時期が大変そうでなかったからか、審査は簡単に数日で希望の金額を借り入れることができました。返済も予定通りでき利子もそれほどかからず助かりました。

NORMAL
男性/30代/会社員
借入額40万円

医療費が必要になりカードローンを申込ましたが、審査に関しては遅くて審査結果が分かったのも申込をしてから2週間くらいかかりました。また、審査に受かり振込までもトータルでは申込をしてから4週間近くかかったので、やはり時間がかかった印象です。ただ、返済は手数料がかからないので有難いですし、金利も低かったので助かりました。

イオン銀行カードローンは、WEBから簡単に申し込みができて来店不要。

口座がなくても利用できる、使い勝手が良いカードローンです。

銀行系のカードローンのため審査からカード発行まで時間がかかるものの、利用者からは「使いやすい」「近くのイオンATMが利用できて便利」という声が多く挙がっていました。

さらに、イオン銀行の口座があると、新規申し込み時の1回に限り振込融資が受けられます。ローンカードを持つ必要がないので急ぎの方も安心です。

イオン銀行カードローンの審査

イオン銀行カードローンに申し込むと、以下の2社による所定の審査が行われ、通過しなければ利用することができません。

  • イオンクレジットサービス株式会社
  • オリックス・クレジット株式会社

イオン銀行カードローンの審査について、詳しくみていきましょう。

審査基準が公表されていないため、明確に知ることができない点は理解しておいてくださいね。

その貸金業者大丈夫?
貸金業には、その所在地を管轄する財務局長または都道府県知事の登録を受けずに営業してはいけないとの定めがあります。

今自分がお金の借り入れをしようとしている業者が登録されているかどうか、まずは金融庁の検索サービスにて確認してみましょう。

※当メディアで紹介するのは財務局長または都道府県知事の登録を受けて営業する貸金業者のみです。

イオン銀行カードローンの審査基準

イオン銀行カードローンを申し込めるのは以下の方です。

イオン銀行カードローンを申し込める方
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
  • 本人に安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社であるイオンクレジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社の保証を受けられる方

引用元:カードローン |イオン銀行なら低金利、WEB完結、手数料無料!

上記の条件すべてを満たす必要があります。

パートやアルバイト、自営業者でも安定継続収入があれば申し込み可能です。

また、専業主婦・主夫の方も配偶者に安定継続収入があれば申し込めます

学生の方は、アルバイト収入があったとしても残念ながら申し込むことができません。

先に述べたとおり、イオン銀行カードローンは保証会社が2社あります。

2社のうちいずれかの保証を受けられれば利用できます。

イオン銀行カードローンの審査難易度

審査基準は公表されていないものの、イオン銀行カードローンは銀行系カードローンであり、消費者金融カードローンよりも審査は厳しいでしょう。

消費者金融カードローンと比べて金利が低く、高い返済能力が求められるからです。

そのため、どんな方でも簡単に審査に通るとは言えません。

ただし、以下のような理由から銀行系カードローンのなかでは比較的申し込みやすいと考えられます。

  • 申し込み要件が厳しくない
  • 保証会社が2社ある

イオン銀行カードローンに申し込むためには「安定継続収入」が必要です。

ただし、アルバイトやパート、専業主婦であっても申し込み可であることからハードルはそこまで高くないと言えるでしょう。

また、イオン銀行カードローンの保証会社はイオンクレジットサービス株式会社とオリックス・クレジット株式会社の2社あります。

審査の内容は一切公表されていませんが、1社ずつ審査が行われ、保証が受けられなかった場合にもう1社の審査の審査を受けることになると考えられます。

2社の保証会社の審査を受けられる点は、審査が不安な方にとってメリットになるでしょう。

なお、すでにイオン銀行の口座を持っていてある程度取引がある、またはイオンカードで良好な利用実績がある場合、審査に有利に働くと考えられます。

一定の取引があって毎月確実に支払いなどをしていれば、信用力のある人だと判断されやすいです。

反対に、イオンカードの支払いの延滞など、これまでに金融事故があった場合は審査に通るのは難しいでしょう。

イオン銀行カードローンの審査時間

カレンダー

イオン銀行カードローンの審査時間は公表されておらず、公式サイトにも記載がありません。

ただし、イオン銀行カードローンは銀行系カードローンにあたるため、即日審査には対応していないことは確かです。

銀行系カードローンの審査は消費者金融カードローンと比べて厳しい傾向にあり、審査の際には警視庁データベースへの照会が義務付けられています。そのため、即日に審査を完了させることはできません。

借入れを急いでおり即日に融資を受けたいなら、消費者金融カードローンの検討をおすすめします。

イオン銀行の審査を少しでも早く完了させるには、申込内容に誤りがないよう手続きし、必要書類のアップロードを迅速に行うよう気をつけましょう。

提出書類に不備があったり、申込内容に別途確認が必要な場合、審査により日数がかかってしまいます。

スムーズに借入れるためにも不備なく確実に手続きしてくださいね。

イオン銀行カードローンの必要書類

チェックリスト

イオン銀行カードローンの申し込みにあたって、主に以下の2点が必要です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類

下記のうち、いずれか2点を用意しましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(表面のみ)

必要書類はインターネット上でアップロードすることで提出できますが、文字や画像が不鮮明の場合は手続きができません。

スムーズに借入れるためにも、注意点をよく読んで不備がないように提出しましょう。

収入証明書類

下記のうち、いずれか1点の収入証明書類を用意しましょう。

  • 源泉徴収票(直近年度)
  • 給与明細(直近3カ月以内に発行された給与明細2カ月分)
  • 住民税決定通知書(直近年度)
  • 課税証明書(発行後3カ月以内のもの)
  • 納税証明書 その2(所得が記載されており、発行後3カ月以内のもの)

それぞれ期間が決められているので注意しましょう。

個人事業主・専業従事者・法人代表者の場合は、住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書のいずれかが必要です。

給与取得者の場合も、場合によっては源泉徴収票・給与明細・住民税決定通知書のいずれかが必要になる場合があります。

また、審査内容によってはその他指定する書類が必要な場合もあるので、イオン銀行から届くメールをしっかり確認しましょう。

イオン銀行カードローンの在籍確認

他のカードローンと同様に、イオン銀行カードローンでも在籍確認が行われます

在籍確認とは、申込者が実際に在籍しているかどうかを勤務先への電話で確認することです。

「イオン銀行」の社名は名乗らず個人名でかかってくるので、周囲にカードローンの利用が知られてしまう心配はありません。

ただし、社名を尋ねられた場合など「イオン銀行」と名乗る場合があると公式サイトに記載されています。

Q:【イオン銀行カードローン】審査の際に自宅や職場に電話はかかってきますか?

A:ご勤務先へ在籍確認のお電話をさせていただいております。
社名は名乗らず個人名でご連絡させていただいておりますが、社名を尋ねられた場合や、お客さまご自身から社名開示のご希望があった場合は「イオン銀行」と名乗らせていただく場合がございます。
また、当行が必要と判断した場合は当行社名を名乗らせていただく場合がございます。

引用元:【イオン銀行カードローン】審査の際に自宅や職場に電話はかかってきます…|イオン銀行

心配であれば、あらかじめ職場の方に「銀行から電話がかかってくるのでつないでほしい」という旨を伝えておくと良いでしょう。

なお、本人が不在で電話に出ることができなかったとしても問題ありません。職場に在籍していることが分かってさえ大丈夫です

在籍確認が取れない場合、審査に落ちてしまうこともあるので注意してくださいね。

また、審査をするうえで必要な場合や申し込み内容で確認事項がある場合など、在籍確認とは別に本人に電話がかかってくることもあります。

スムーズに借入れるためにも、速やかに対応してくださいね。

イオン銀行カードローンの審査を通すコツ

イオン銀行カードローンはイオン銀行の普通預金口座を持っていなくても利用できます。

しかし、口座を保有していてある程度の取引があれば、審査で有利に働くと考えられます。

例えば、給与の受け取り口座に設定していれば、継続安定収入があることが分かります。

住宅ローンを利用していて毎月確実に返済していれば、信用力のある人だと判断されやすいですよね。

イオン銀行はクレジットカードも発行しています。こちらも毎月きちんと支払っていれば、返済能力があると判断されやすいでしょう。

反対に、イオン銀行やイオンカードとの間で金融トラブルなどを起こした経験のある方は、イオン銀行カードローンの審査に通ることは難しいでしょう。

イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由

イオン銀行カードローンの審査に落ちる原因として、以下のような理由が考えられます。

  • 複数のカードローンに同時申し込みをしている
  • 他社からの借入れが多い
  • 信用情報に傷がある

複数のカードローンに同時申し込みしている

複数のカードローンに同時に申し込むと、審査では不利になります。

お金に困っている人だという印象を持たれ、返済能力がないと判断されやすいからです。

カードローンやクレジットカードの申し込み状況は信用情報機関に記録されています。

カードローン会社は、審査の際に申込者の信用情報を照会するため、同時に申し込みをしていることはすぐに分かってしまいます。

借入れを急いでいても、必ず1社ずつ申し込むようにしましょう。

他社からの借入れが多い

他社からの借入れが多いと、カードローンの審査に通りにくくなってしまいます。

消費者金融カードローンは総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える貸付はできません

イオン銀行カードローンは銀行系カードローンにあたるため、総量規制の対象外ではありませんが、銀行系カードローン各社も過剰な貸付をしないように独自の基準を設けています

すでに他社からも借入れている方は、まず借入れ状況を整理しましょう。

信用情報に傷がある

イオン銀行カードローンに限らず、信用情報に傷があるとカードローンの審査に通るのは難しいです。

カードローン会社からすると、「延滞されるのではないか」と思ってしまいますよね。

きちんと返済してもらわないと赤字になってしまうため、返済能力のない人を通すことはできません。

延滞や債務整理などは信用情報機関に一定期間記録されているため、申し込む前にまずは良好なクレヒスを積みましょう。

イオン銀行カードローンの審査対策

イオン銀行カードローンの審査対策について解説します。

  • 借入限度額を低めに希望する
  • 再申し込みするなら一定期間空ける

借入限度額を低めに希望する

借入限度額が高いほど高い返済能力が求められるため、審査難易度は高くなります。

審査が不安なら、借入限度額は低めに希望して申し込みましょう

ただし、借入限度額が低いほど金利は高くなるので注意が必要です。

あらかじめ、どれだけ借入れる必要があるのか、金利はどの程度で利息の負担はいくらか、といったことをシミュレーションしたうえで計画的に借入れましょう。

再申し込みするなら一定期間空ける

イオン銀行カードローンの審査に一度落ちてしまった方も、再申し込みすることは可能です。

ただし、再申し込みするなら一定期間空けてから申し込みましょう。

短期間で何度も申し込みをすると、お金に困っているという印象を持たれやすく審査では不利に働きます。

審査に落ちた後すぐに申し込むのではなく、少なくとも6ヶ月程度空けるようにしましょう。

しかし、状況が変わらなければまた審査に落ちてしまう可能性が高いです。

再申し込みまでの間に良好なクレヒスを積んでくださいね。

消費者金融カードローンを検討する

イオン銀行のカードローンの審査にどうしても通過できない場合、消費者金融カードローンを検討するのも1つです。

イオン銀行カードローンの審査に通過できなかった方でも、消費者金融カードローンなら通過できる可能性があります。

ただし、金利は消費者金融カードローンの方が一般的に高いので、よく検討して利用してくださいね。

おすすめのカードローン4選

イオン銀行の審査不安な方・お急ぎの方は以下のカードローンもぜひ検討してください。

おすすめのカードローン4選を紹介します。

おすすめのカードローン4選
  • 三井住友カード カードローン
  • プロミス
  • アイフル
  • 楽天銀行スーパーローン

いずれもイオン銀行カードローンより上限金利は高いですが、金利優遇や無利息期間があります。

自身の返済プランにフィットする商品をぜひ見つけてください。

三井住友カード カードローン

三井住友カードカードローン

三井住友カード カードローン
金利(年利)1.5%~15.0%
※口座振込専用タイプなら1.5%~14.4%
審査時間最短5分※
融資スピード最短5分※
(カード到着前にご利用できます)
借入限度額900万円
無利息期間【入会期間】2022年7月1日~12月31日
特典1:ご入会で、もれなく1,500円相当のVポイントプレゼント
特典2:ご入会後、最大2ヵ月間お利息0円
※上記期間中に三井住友カード カードローンにお申し込みいただき、ご入会・お借り入れいただいた方
WEB完結可能
コンビニ借入可能
学生の借入不可
専業主婦の借入不可
営業時間WEB24時間営業
電話10:00~17:00
※12/30~1/3休
0120-956-000
※最短5分発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分発行 受付時間:9:00〜19:30

三井住友カード カードローンは、金利年1.5~15.0%で借り入れられるカードローンです。

三井住友カード カードローンの特徴
  • WEB完結・最短5分の即時発行(※)
  • 原則24時間振込融資が受けられる
  • 返済実績に応じた金利優遇あり

最短5分発行・いつでも融資可能(※)

三井住友カード カードローンは来店不要で申し込みでき、50万円以下のご融資なら最短5分で即時発行されるのが特徴です。

即時発行を利用するためには、9:00~19:30の間に手続きが完了することが条件です。

カードタイプは以下2種類から選択可能。

  • 振込専用タイプ
    郵送物・カードなしでスマホだけで使えるタイプ
  • カードタイプ
    通常のカードが発行されるタイプ・ATM利用可能

誰にも知られず利用したいなら、郵送物・カードのない振込専用タイプがおすすめです。

どちらを選んでも、原則24時間いつでも借り入れられます。

返済実績に応じた金利優遇あり

三井住友カード カードローンの金利引き下げサービス

三井住友カード カードローンの金利は年1.5~15.0%ですが、返済実績に応じて金利優遇を受けられるのがメリットです。

当年度の毎月の返済に遅れがない場合、翌年度より年0.3%ずつ、最大1.2%金利が引き下げられます。

プロミス

プロミス

プロミス
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分※
融資スピード即日
借入限度額500万円
無利息期間30日間(初回借入日以降)
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(18歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口10:00〜18:00
平日のみ
WEB24時間
電話プロミスコール・レディースコールともに9:00〜21:00
土日祝営業
0120-24-0365
自動契約機9:00〜21:00(*契約機により営業時間が異なります。)
土日祝営業
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

プロミスは、24時間365日WEB完結申し込みに対応しているカードローンです。

金利は年4.5~17.8%であり銀行カードローンと比べると高めですが、他社消費者金融と比べて最高金利が低めに設定されています。

安定収入があれば、パートやアルバイトの方なども利用可能です。

プロミスの特徴
  • 郵送物なし・カードレスのWEB完結
  • 30日間無利息サービスあり
  • スマホ1つで借り入れ可能

郵送物のないWEB完結申し込み

WEB完結申し込みなら、書類の提出から借り入れ、返済まですべてインターネット上で完結できます。

カードの到着を待たずに使えるため、お急ぎの方にもおすすめです。

原則として郵送物がないので、家族に知られたくない方にも適しています。

無利息サービスで利息負担を軽減

プロミスの無利息サービス

プロミスなら30日間の無利息サービスも利用できます。

以下の条件を満たせば、初回利用日の翌日から30日間利息がかかりません。

  • プロミスを初めて利用する方
  • メールアドレスを登録のうえ「Web明細」を選択した方

「契約日の翌日」ではなく「初回借入日の翌日」から数えられるのがポイント。

他社よりも利息負担をより抑えられる可能性があります。

借り入れはインターネット・ATMなど複数の方法から選べます。

スマホだけで原則24時間365日借り入れできる「スマホATM」にも対応しており便利です。

アイフル

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
審査時間最短25分
※申込状況によっては希望にそえない場合もあります
融資スピード最短25分
※WEB申込なら最短25分で融資も可能
借入限度額800万円
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
無利息期間初めての人は最大30日間
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合。アイフルの基準を満たす場合)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口10:00~18:00
※契約ルームは9:00~21:00
※各店舗の営業時間を要確認
※2021年6月1日付で有人窓口を閉鎖しています
WEB24時間
電話平日9:00~18:00
0120-201-810
自動契約機9:00~21:00
※設置場所により異なる可能性あり

アイフルは、その日のうちに借り入れが可能なカードローンです。

安定した収入があれば、パートやアルバイトであっても申し込みできます。

アイフルの特徴
  • WEB申し込みで最短25分融資が可能
  • WEB完結なら郵送物一切なし
  • 最大30日間の無利息サービス

最短25分で融資

アイフルの申込み方法

WEBから申し込めば、最短25分での融資も可能。融資スピードが早く借り入れを急いでいる方に適しています。

WEB完結なら来店不要、郵送物も一切ないため、誰にも知られず1人で利用したい方・忙しい方にもおすすめです。

最大30日間の無利息サービスあり

アイフルも最大30日間の無利息サービスが利用できます。

アイフルの利用が初めての場合、契約日の翌日から30日間以内に返済をすれば利息が一切かかりません。

イオン銀行カードローンと比べると金利は高めですが、無利息サービスをうまく活用すれば利息負担を抑えられるでしょう。

事前に借り入れ可能かどうかをチェックできる事前診断は約1秒で結果が表示されます。

審査が不安な方は、まず1秒診断を利用してみましょう。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードスーパーローン

楽天銀行スーパーローン
金利(年利)年1.9〜14.5%
審査時間最短当日
融資スピード最短翌日
借入限度額最大800万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
営業時間店頭窓口なし
WEB24時間営業
電話0120-720-115
平日:9:00~19:30
土日祝(年末年始・GW期間):9:00~17:30
自動契約機なし

楽天銀行スーパーローンもWEB完結申し込みに対応しているカードローンです。

申し込みはもちろん、スマホがあればいつでも振込融資が受けられます。

楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 楽天会員ランクに応じた審査優遇
  • WEB完結申し込み・24時間365日振込
  • 金利年1.9~14.5%

楽天ユーザーは審査で優遇される

楽天銀行スーパーローンは、楽天ユーザーにメリットが多いのが特徴です。

審査では、楽天会員ランクに応じて優遇が受けられます。

楽天会員ランクが高いから必ずしも審査に通るというわけではありませんが、楽天会員の方は申し込みやすいでしょう。

また、楽天銀行口座を持っていれば、24時間365日いつでも即時振込されます。急な出費にも慌てる心配がありません。

金利年1.9~14.5%

銀行ならではの金利も魅力です。イオン銀行ほどではありませんが、上限金利は年14.5%とまずまず。

さらに、時期によっては金利優遇キャンペーンが開催されます。

キャンペーンをうまく利用すれば、金利の低いイオン銀行よりも返済負担を抑えられる可能性があるでしょう。

イオン銀行カードローンのメリット

人差し指を立てる女性

イオン銀行カードローンを利用するメリットは豊富です!

中でも、特徴的な3つを紹介します。

イオン銀行は利便性抜群!
  • WEB完結で手続きできる
  • イオン銀行口座がなくても利用できる
  • イオン銀行口座があればより便利に利用できる

WEB完結で手続きできる

イオン銀行カードローンは24時間365日いつでも申し込みから契約までWEB完結で手続きでき、来店は不要です。

必要書類の提出なども、インターネット上でアップロードすれば提出できます。

心配な方は、店舗に備え付けの端末にて申し込むことも可能です。

また、電話で申し込みはできませんが、問い合わせは受け付けています。

イオン銀行ローン専用ダイヤル

0120-48-1258
受付時間:9:00~18:00(年中無休)

イオン銀行口座がなくても利用できる

イオン銀行の普通預金口座を持っていない方でも利用できます。

ATM返済・引き落としから自分に合った返済方法を選ぶことができ、イオン銀行口座からの引き落としはもちろん、他金融機関から引き落とすことも可能です。

普段から利用している口座をそのまま利用できるのはうれしいですね。

イオン銀行口座があればより便利

イオン銀行口座がなくてもカードローンは利用可能ですが、口座があれば以下の機能を利用でき、より便利になります。

  • 振込融資
  • 自動入金サービス
  • イオン銀行Myステージ

振込融資

詳しくは後述しますが、初回に限ってローンカードの到着を待つことなく振込により借入れることができます。

最短翌日に借入れられるので、借入れを急いでいる方にもおすすめです。

他の金融機関でも初回の振込融資は利用できますが、金額に限度が設けられています。

イオン銀行の口座なら、借入限度額いっぱいまで希望できるのでより便利です。

自動入金サービス

イオン銀行自動入会サービス

イオン銀行には「自動入金サービス」があります。

他行口座から毎月6または23日にあらかじめ指定した一定金額を引き落としし、イオン銀行の普通預金口座に入金してくれるサービスです。

手数料0円で1万円から設定できるので、他行口座から引き出すATM手数料や振込手数料などのコストを抑えられます。

カードローンの返済だけでなく、クレジットカードの引き落としや積立預金などさまざまな用途に利用でき便利です。

イオン銀行Myステージ

イオン銀行Myステージ

「イオン銀行Myステージ」とは、イオン銀行と取引するほどお得になる優遇プログラムです。

対象の取引ごとに「イオン銀行スコア」が決まっており、スコアに応じたステージごとの優遇が受けられます。

ATMや振込手数料の無料回数が増えたり、預金金利が優遇されたりとお得な特典内容です。

カードローンに契約していれば、毎月スコアが10点もらえます。

それだけでステージアップにはならないものの、インターネットバンキングの登録や給与の受け取りなどでもスコアがもらえるので、うまく利用すれば各種手数料の節約につながります。

イオン銀行カードローンの金利

イオン銀行カードローンの金利

イオン銀行カードローンの金利は、年3.8%~13.8%です。

借入限度額に応じて以下のように定められています。

借入限度額金利
10〜90万円11.80〜13.80%
100〜190万円8.80〜13.80%
200〜290万円5.80〜11.80%
300〜390万円4.80〜8.80%
400〜490万円3.80〜8.80%
500〜590万円3.80〜7.80%
600〜790万円3.80〜5.80%
800万円3.80%

変動金利で都度見直しがされているので、最新の金利は公式サイトにて確認してください。

銀行系カードローンの金利相場は、上限14.0%前後です。

他の銀行系カードローンの金利との比較
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
    年1.8~14.6%
  • 三井住友銀行「カードローン」
    年1.5~14.5%
  • 楽天銀行「スーパーローン」
    年1.9~14.5%
  • みずほ銀行「カードローン」
    年1.5~14.0%
銀行カードローン人気おすすめ9選|金利が安い業者を比較ランキング

イオン銀行カードローンの最低金利は他と比べて高めですが、上限金利が低めに設定されています。

初めて利用する場合や借入限度額が低い場合は、基本的に上限金利が適用されるため、上限金利が低く設定されているイオン銀行は優秀です。

金利を比較する際は上限金利、かつ諸費用を含めた実質年率をみるようにしましょう。

利息の計算方法

イオン銀行カードローンの利息は、毎日の最終残高について、付利単位を100円とし、1年を365日とする日割計算で算出されます。

利息=借入金額×実質年率÷365日×借入日数

100万円を30日間借入れた場合の利息を計算してみましょう。

イオン銀行カードローン利息計算

上記のとおり、金利が年3.8%の場合の利息は、100万円×3.8%÷365日×30日=3,123円です。

一方、金利が年8.8%の場合は、100万円×8.8%÷365日×30日=7,232円の利息がかかります。

1ヶ月借入れるだけでも、金利が違うだけで利息に大きな差が生じることが分かりますね。

カードローンの金利は決して低いとは言えないため、計画的に利用しましょう

返済額シミュレーション

イオン銀行カードローンの公式サイトでは、事前に返済額シミュレーションを行うことが可能です。

借入れ希望額や期間、金利などを入力するだけで簡単な試算ができます。

計画的に返済するためにも、契約前に利用しましょう。

なお、シミュレーションはあくまで概算なので、実際の返済内容とは異なる点を理解したうえで利用してくださいね。

イオン銀行カードローンの申込方法

イオン銀行カードローン申込流れ

イオン銀行カードローンは24時間365日インターネットにて申し込みできます。

申し込みから契約までWEB完結で手続きできるので、忙しい方にもおすすめです。

申し込み手順を確認しましょう。

  1. 公式サイトの申し込みフォームに入力
  2. 必要書類のアップロード
  3. 審査結果の連絡
  4. 振込融資の設定
  5. ローンカードの受け取り

審査の結果は申し込み時のメールアドレスに届くので、間違えないように入力しましょう。

ローンカードは、審査完了後最短5日程度で登録の住所に届きます。

なお、手順4つ目の振込融資については、専用ページにて振込先を登録することで利用できます。

ただし、振込融資はローンカードを受け取る前の新規申し込み時の1回に限ります。

振込融資を希望する場合は、電話での本人確認が必要です。

最短融資方法

イオン銀行カードローンは、審査完了後最短5日程度でローンカードが登録住所に届きます。

少しでも早く借入れるためには、申込内容や必要書類に不備がないことが大切です。

なお、必要書類のアップロードは、申し込み後のメールに記載されているURLから提出します。

そのため、メールを速やかに確認し必要書類をアップロードすれば、借入れまでの日数が短くなるでしょう。

振込融資なら最短翌日

振込融資

新規申し込み時の1回に限り振込融資が受けられます。

審査完了後ローンカードの到着を待つことなく借入れができるため、最短で融資を受けたいなら振込融資がおすすめです。

イオン銀行の普通預金口座はもちろん、他の金融機関も振込先として指定できます。

振込融資を希望する場合は電話にて本人確認手続きが必要です。

振込融資の申し込みは、審査完了のお知らせメールに記載されいている専用マイページにて手続きできます。

ただし、振込予定日が土・日・祝日の場合は翌営業日の振込になるので注意してください。

また、イオン銀行の普通預金口座を持っていれば、インターネットバンキングでの借入れも可能です。

インターネットバンキングでの借入れは、審査完了の翌々日9:00以降から利用できます。

イオン銀行カードローンの借入れ方法

イオン銀行カードローンの借入れ方法には2種類あります。

  • イオン銀行ATM・提携ATM
  • インターネットバンキング

イオン銀行ATM・提携ATM

イオン銀行カードローンATM

イオン銀行カードローンは、イオン銀行や全国の提携ATMで借入れることが可能です。

イオン銀行ATMなら、24時間365日手数料無料で借入れできます。

そのほかの提携ATMは以下のとおりです。

  • イーネット
  • ローソンATM
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行 他

イーネット・ローソンATMでも24時間365日手数料無料、提携ATMでもみずほ銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行なら平日日中は手数料無料で利用できます。

ただし、1日当たりのATM利用限度額が設定されており、初期設定は50万円です。

0~100万円までの範囲で変更申し込みできます。

インターネットバンキング

イオン銀行カードローンネットバンキング

インターネットバンキングによる借入れは、イオン銀行の普通預金口座を保有している場合のみ利用できます。

24時間365日いつでも手続きでき、手数料もかかりません。

審査結果の連絡より3日後からインターネットバンキングが利用できます。手順を確認しましょう。

  1. インターネットバンキングにログイン
  2. カードローンのメニューから「お借入・ご返済」ページにアクセス
    カードローンのメニューから「お借入・ご返済」ページにアクセス
  3. 借入を選択し、希望の借入金額を入力
    借入を選択
  4. 内容を確認したうえで「申込」を選択
    内容を確認したうえで「申込」を選択
  5. 手続き完了
    手続き完了

イオン銀行カードローンの返済方法

イオン銀行カードローンの約定返済日は毎月20日(土・日・祝日・国民の休日・年末年始など休業日の場合は翌日)です。

残高スライド方式が採用されており、前月末日の借入残高に応じて約定返済額が決まります。

返済方法は以下の3つです。

  • ATMでの返済
  • 銀行口座からの引き落とし
  • インターネットバンキング(任意返済)

ATMでの返済

イオン銀行・提携ATMにて返済できます。イオン銀行ATM・イーネット・ローソンATMは手数料もかかりません。

その他提携ATMは、ATMによっては所定の利用手数料や時間外手数料がかかる場合もあるのでよく確認してください。

ATMでの返済手順は以下のとおりです。

  1. 「取引選択」画面で「カードローン」を選択
    「取引選択」画面で「カードローン」を選択
  2. 「ご返済」を選択
    「ご返済」を選択
  3. 画面の案内に沿って、ローンカードを挿入
    画面の案内に沿って、ローンカードを挿入
  4. 「カードローンのご返済」の「ご注意事項」を確認の上、「確認」キーを選択
    、「確認」キーを選択
  5. 内容確認の上、「確認」キーを選択
    内容確認の上、「確認」キーを選択
  6. 画面の案内に沿って、紙幣を入れて「読取り」キーを選択
    画面の案内に沿って、紙幣を入れて「読取り」キーを選択
  7. お預かり金額を確認の上、「確認」キーを選択
    お預かり金額を確認の上、「確認」キーを選択
  8. ローンカードとご利用明細の受取り
    ローンカードとご利用明細の受取り

銀行口座からの引き落とし

銀行口座からの引き落とし

イオン銀行口座はもちろん、他の金融機関口座からの引き落としによる返済も可能です。

毎月20日の約定返済日に引き落とされるので、前日までにイオン銀行・他金融機関の普通預金口座に入金しておきましょう。

なお、イオン銀行の約定返済日は変更できません。

任意返済

約定返済とは別に、余裕のあるときにATMで任意返済をすることも可能です。

返済方法によって任意返済になるケースが異なります。

約定返済をATMに設定している方
  • 約定返済額以上の入金をした場合の超過額
  • 約定返済後の約定期間内に再度入金をした場合の全額
  • 約定返済後、約定期間外(約定返済日翌日~月末)に入金した場合の全額
約定返済をイオン銀行口座引き落としに設定している方
  • 入金した全額
約定返済を他金融機関口座引き落としに設定している方
  • 約定返済日からその3営業日後までの間に約定返済額以上を入金した場合は、約定返済額を超過する金額
  • それ以外の入金の全額

口座引き落としに設定している方は、任意返済をした場合も毎月の返済は通常通り行われるので、入金を忘れないように注意してくださいね。

なお、イオン銀行の普通預金口座を持っていれば、インターネットバンキングでも返済できます。

一括返済

資金に余裕があれば、一括返済することも可能です。

イオン銀行カードローンを一括返済したい場合は、以下のイオン銀行コールセンターに問い合わせましょう。

イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル

0120-48-1258
受付時間:9:00~18:00(年中無休)

返済が遅れた場合

イオン銀行カードローンの返済に遅れてしまった場合、どうなるのでしょうか。

  • 遅延損害金が発生する
  • 新たな借入れはできない

遅延損害金とは返済が遅れてしまった場合に支払わなければならない賠償金のことで、イオン銀行カードローンの場合、遅延損害金の金利は年14.5%です。

1年を365日とする日割り計算で行われるため、返済が遅れるほど遅延損害金の額も大きくなります。

通常の金利よりも高く設定されているので注意しましょう。

また、返済するまでは新たな借入れはできません。

基本的なことではありますが、遅延してしまうことがないよう必ず返済日までに返済しましょう。

イオン銀行カードローンの限度額の増額

最後に、イオン銀行カードローンの限度額の増額について解説します。

増額とは現在契約している借入限度額を増やすことです。

増額することで借入額が増えるのはもちろん、金利が下がり利息の負担を抑えられる可能性があります。

ただし、増額は追加融資にあたるため、再度審査を通過することが必要です。

増額を申請する際の手順を確認しましょう。

イオン銀行カードローン増額

  1. カードローン専用マイページにログイン
  2. マイページ内の増額案内バナーを選択
  3. 申込画面から手続き
  4. メールで審査結果を連絡

増額審査に通過できなかったとしても現在の契約条件は変わらず、そのまま利用できるので安心してください。

イオン銀行カードローンは低金利で利便性も高い

イオン銀行カードローンについて改めて確認しましょう。

イオン銀行カードローンの特徴
  • 銀行系カードローンならではの低金利
  • 審査難易度は低くないがパート・アルバイト・専業主婦も申し込める
  • WEB完結で申し込める
  • イオン銀行口座がなくても利用可能
  • 初回のみ振込融資も受けられる

イオン銀行カードローンはWEB完結でいつでも申し込めて、イオン銀行の口座をわざわざ開設する必要もありません。

ただし、イオン銀行口座があれば自動入金サービスが利用できるなどより利便性は高まります。

消費者金融カードローンとは違い即日融資には対応していませんが、初回はローンカード到着前に振込融資が受けられるので、急いでいる方にもおすすめです。

イオン銀行カードローンの金利は他の銀行系カードローンと比べても最高金利が低く設定されていますが、カードローンの金利は低いとは言えません。

申し込み前にしっかり検討して、返済シミュレーションを立てたうえで計画的に利用してください。